国立オペラ・カンパニー 青いサカナ団





『アメデオ』

Designed by Keiichi Kanda©


お知らせ

国立オペラ・カンパニー青いサカナ団 30周年記念 第36回公演

国立オペラ・カンパニー青いサカナ団、2年振りの新作オペラ公演決定!
今回の歌劇『アメデオ』は、若き芸術家の生き様を通して芸術の在り方を問う作品です。


詳細

前作『海の青よりあおいもの』から2年振りに新作オペラを作りました。実に19作目となる新作歌劇です。奇しくも今回の公演は青いサカナ団の創立30周年に当たる2019年の上演となり、様々な意味で団の総決算であり、また新たな挑戦の場となる作品に仕上がっています。
美術に詳しい方、20世紀初頭の文化、芸術に詳しい方にはすぐに誰のことかお分かり頂いてしまうと思いますが、今回の主人公は、アメデオと恋人のジャンヌ、そして友人のパブロです。実在する人間を登場させる作品は、サカナ団では初めてのことですが、彼らの歴史を辿る作品ではなく、あくまでも彼らの生き様を通して文化・芸術を語ることがテーマの作品ですので、敢えて彼らの名前はファーストネームだけで表し、一種の匿名性を保っています。
今回の作品はサカナ団にとっての「芸術論」でもあります。でも難しい議論を投げかけるつもりはありません。ごく普通のドラマの様に、彼らの青春と情熱、そして愛に触れて頂けると思います。「若き芸術家の愛と青春」と聞くと、オペラ通の方にはプッチーニの『ラ・ボエーム』を思い浮かべるかと思います。まさに今回の『アメデオ』はサカナ団流の「ボエーム」なのです。現代社会を生きる皆様にとって、彼らの生き様がどの様に響くか? 是非とも劇場で味わって頂きたいと願っています。

神田慶一

(公演チケットは11月19日より、このホームページで発売開始します。)








| 最新公演 | プロフィール | 公演一覧 | チケット予約 | お問い合わせ | トップページ |
facebooktwitter







Copyright(C) L'OPERA DF POISSON BLEU. ALL rights reserved.